愛犬にとって危険な成分や添加物は?無添加フードカナガンの魅力!

皆さんは安価なフードの中には、愛犬の健康を害してしまう危険な成分や添加物が含まれている可能性があるのはご存知ですか?

 

 

危険な成分や添加物が入ったフードを与え続けてしまうと、病気や体調不良を起こしてしまうリスクがあります。

 

 

愛犬に1日でも長く、長生きをしてもらうためには、安全で栄養満点のフードを選ぶ必要があります。

 

 

では、どのような成分や添加物が愛犬の健康を害してしまうのかまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

1.健康を害する危険性がある添加物。

フードの中には、色鮮やかに着色されたものや、食いつきを良くするために、人工甘味料を使用したものがあります。

 

 

このように加工されたフードは、ワンちゃんの健康な食生活にとっては何のいいこともありません。逆に健康を害してしまう可能性があるのです。

 

 

ワンちゃんの健康を守るためには、どのような成分が危険なのかを知っておく必要があると思います。

 

 

どのような成分が危険で、その成分はなぜ危険なのかについて説明していきたいと思います。

 

 

①危険な成分表。

安価なフードの中には、このようなワンちゃんの健康を害してしまうような成分が含まれている可能性があります。

 

 

フードを選ぶときには、成分表を良く見て、このような成分が含まれていない安全なフードを選んであげることが大切です。

 

 

ワンちゃんは自分でごはんを選べない分、私たち飼い主が、安全なごはんを選んであげる義務があります。

 

 

カナガンは、このような危険な成分が入っていない安全な無添加フードです。

 

 

カナガンのおかげで、ティムちゃんには安心して栄養たっぷりの、ご飯をあげることができています。

 

 

もしも今、このような危険な成分が含まれているフードをあげている飼い主さんには、カナガンをおすすめします。

 

 

 

 

②酸化防腐剤が含まれている。

酸化防腐剤とは、フードの酸化やカビの発生を防ぎ、フードを長持ちさせるための成分です。

 

 

保存には便利な成分なのですが、ワンちゃんの健康を害してしまう危険性がある成分なのです。

 

 

酸化防腐剤の成分の中には、発がん性があるとされています。

 

 

特に危険な酸化防腐剤は以下のとうりです。

 

 

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)


もともとは、ガソリンのための酸化防腐剤として使用されていました。

 

 

動物実験の結果、歩行障害、発がん性、呼吸困難、肝臓のうっ血、消化器官の出血などが確認されており、マウスを使った実験では、投与して数分で歩行障害が出て、死亡してしまったという例もございます。

 

 

こんなに危険な成分が、ペットフード安全法で定められた一定の量であれば使用が認められているのです。

 

 

・(BHT)ジブチルヒドロキシトルエン


BHTは、BHAと同様に健康を害する危険性がある酸化防止剤の一種です。

 

 

BHTはもともと、石油用の抗酸化剤として使用されていました。

 

 

1954年に、日本でも食品添加物としての使用が認められ、現在人間用では、チューイングガム、魚介冷凍品、バター、油脂などに使用されています。

 

 

しかし、アメリカでの実験の結果、甲状腺ガンや膀胱ガンを誘発する恐れがあることが判明し、非常に危険な添加物なのです。

 

 

・エトキシン


エトキシンは、枯葉剤や除草剤、駆除剤にも使用されていて、日本では人間用に使用が認められたことがない非常に強い抗酸化作用をもつ物質です。

 

 

農薬としての使用も認められていないほどの危険な物質なのです。

 

 

動物実験の結果、胃、膀胱、肝臓、大腸などにガンを形成してしまうことが判明しました。

 

 

農薬でも使用が認められていない物質が、ペットフード安全法で定められた一定の量であれば使用が認められているのです。

 

 

・亜硝酸ナトリウム


亜硝酸ナトリウムは、亜硝酸ソーダとも言われており、肉製品の保存料として使用されています。

 

 

お肉の黒ずみを防ぎ鮮やかに見せるための役割も果たしている物質です。

 

 

お肉の中のアミンという物質と化学反応を起こすと、ニトロソアミンという発がん性物質が発生してしまいます。

 

 

このニトロソアミンは、添加物の中でも、急性の毒性が強く発がん性がある物質とされています。

 

 

こんなにも危険な成分が、安価なフードには含まれていると考えるととてもゾッとしました。

 

 

人間よりも小さな身体のワンちゃんに、こんな危険な成分が含まれているフードを与え続けると、いずれ健康を害してしまう危険性があると思います。

 

 

もしも、今あげているフードの中にこのような成分が含まれていたら、フードを切り替えてみたほうがいいかもしれません。

 

 

ここで本当にお勧めできるフードは、カナガンのような危険な酸化防腐剤を不使用のフードです。

 

 

酸化防腐剤の代わりに使用してあるのが、天然由来の『ミックストコフェロール』と呼ばれるビタミンEの混合物です。

 

 

天然由来の保存料のため、賞味期限は短めですが、愛犬の健康を考えると、どうってことありません。

 

 

ティムちゃんには安心してご飯をあげることができています。

 

 

 

 

③着色料が含まれている。

着色料は、フードを色鮮やかに見せてくれる役割があります。

 

 

しかし、ワンちゃんが認識できる色は『黄、青、グレーの色』とされています。

 

 

フードが色鮮やかに作られていても、ワンちゃんには全然関係ないのです。

 

 

着色料は、ただただ身体に悪影響を与えてしまうだけの物質なのです。

 

 

着色料の中でも特に危険なものは、『赤色○○』『青色○○』です。

 

 

・赤色3号(エリスロシン)


赤色3号とは、タール系色素の一つでその名の通り、石油を原料としている合成着色料です。

 

 

動物実験では、赤血球の減少、甲状腺腫瘍が発生するなどの毒性が認められています。

 

 

日本では人間の食材に使用されていますが、アメリカやドイツでは日本よりも厳しい基準を用いており、人間用の食材に使用することは禁止されています。

 

 

・赤色40号(アルラレッドAC)


赤色40号はタール系色素に分類される合成着色料です。

 

 

赤色40号は、ヨーロッパで注意欠乏多動性障害(ADHD)に影響を与えるかもしれない着色料とされています。

 

 

また、発がん性やアレルギー発症の危険性があるとされています。

 

 

・赤色102号(ニューコクシン)


赤色102号はタール系色素に分類される合成着色料です。

 

 

日本では、人間への食材への使用は認められていますが、アメリカやカナダ、ベルギーでは使用が認められていない物質です。

 

 

発がん性や、アレルギー発症の危険性があるとされています。

 

 

・赤色105号


赤色105号はタール系色素に分類される合成着色料です。

 

 

日本では食材への使用は認められていますが、日本以外のほとんどの国で使用が認めらていない物質です。

 

 

肝臓や腎臓に悪影響を及ぼすことが確認されており、発がん性や染色体異常の危険性があります。

 

 

・青色2号(インジゴカルミン)


青色2号は、国によっては使用が禁止されている合成着色剤です。

 

 

日本ではアイスクリームや、チョコレートに使用さています。

 

 

しかし、発がん性や痙攣を起こす危険性がある物質とされています。

 

 

説明したどの着色料も、危険性を知ると自分も食べたくないし、大切な愛犬にも食べさせたくありません。

 

 

いつまでも愛犬に健康でいてもらうためには、このような危険な成分が含まれていないフードを選ぶことが大切です。

 

 

カナガンには、このような危険な着色料は含まれていません。

 

 

そのため、シンプルな茶色ですが、ワンちゃんには色なんて関係ないので、うちのティムちゃんはとっても食いつきがよく、いつもご飯を楽しみにしてくれています。

 

 

危険な着色料が含まれているフードを与えている場合は、愛犬の健康を考えて、カナガンに切り替えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

④甘味料が含まれている。

甘味料は、ワンちゃんのフードに対する食いつきをよくしたり、ボリュームを増やすことができ、安いという理由から、安価なフードに使用されている添加物です。

 

 

私たち人間も、糖分をとりすぎると内臓に負担がかかったり、肥満になってしまいます。ワンちゃんも同じことが言えます。

 

 

内臓の機能が低下することによって、アレルギーや涙やけを起こしてしまう危険性があるのです。

 

 

特に危険な甘味料は以下のとうりです。

 

 

・ソルビトール


ソルビトールは、食品添加物の中で最も広い使用用途を持ち、ブドウ糖から合成されてできる糖アルコールの一種です。

 

 

イタリアで、大量に摂取した女性が死亡してしまったというケースがあり、危険な物質なのです。

 

 

フードに、致死量のソルビトールが含まれていることはありませんが、ワンちゃんの健康を考えると避けたい物質です。

 

 

・グリシリジン・アンモニエート


安全性が確認されていないため、人間の食材への使用は禁止されている物質です。

 

 

フードへの食いつきを、よくするために含まれています。

 

 

安全性が確認されてないものを愛犬に与えるなんて、考えられません。

 

 

・ビートパルプ


ビートパルプは、甜菜(テンサイ)から砂糖を取り除いた後の残りカスです。

 

 

残りカスにも、糖分が残っており、安価で手に入るためフードのかさましに使用されることがあります。

 

 

ワンちゃんにとって、何の栄養もなく、逆に便秘になってしまう危険性があります。

 

 

・コーンシロップ


コーンシロップは、潤滑剤としても知られている物質です。

 

 

フードに、弾力と粘り気をもたらしてフードへの食いつきをよくするために使用されます。

 

 

身体に害がなさそう!という名前をしていますが、与え続けてしまうことで、糖尿病を引き起こす危険性があります。

 

 

・キシリトール


キシリトールは、糖アルコールの一種です。

 

 

ワンちゃんにとって、キシリトールが中毒症状を起こしてしまうということが判明したのは十数年前です。

 

 

血糖値の低下、腎不全、嘔吐や歩行困難を起こしてしまうという危険性がある成分なのです。

 

 

2.健康を害する危険性がある原材料。

ドッグフードは、法律上では家畜である豚さんや鶏さんのご飯と同じ扱い、またはそれ以下の扱いだというのを知っていましたか?

 

 

安価なフードには、人間が食べられないような死んだ動物のお肉や、廃棄処分されたお肉などが含まれている可能性があります。

 

 

原材料の中にはアレルギーを発症させてしまうようなものも含まれている可能性がございます。

 

 

この章では、危険な原材料について説明していきたいと思います。

 

 

①穀物が含まれている。

安価なフードの中には、かさましのために大量の穀物を使用したものがあります。

 

 

穀物は、肉食動物に近いワンちゃんにとって消化を苦手とする食べ物です。

 

 

私たち人間にとって、炭水化物は必要な栄養素なのですが、ワンちゃんにとってはほとんど必要のないものなのです。

 

 

穀物が含まれているフードを食べ続けることで、消化不良をおこし、糖尿病や肥満、低血糖症などの病気になってしまうリスクが高くなってしまいます。

 

 

また、消火器の異常や、皮膚トラブルなどのアレルギーも起こしてしまう危険性があります。

 

 

小麦、トウモロコシ、大豆、米が原材料に含まれているフードは避けましょう。

 

 

フードを選ぶときには、グレインフリー(穀物不使用)のものを選ぶようにしましょう。

 

 

カナガンは、グレインフリー(穀物不使用)のフードです。

 

 

ワンちゃんが、穀物アレルギーになる心配もなく、安心して食べさせれるフードです。

 

 

ティムちゃんは、カナガンを食べていることで穀物アレルギーになることなく、健康的に過ごすことができています。

 

 

 

 

②4Dミート(ミール)が含まれている。

4Dミート(ミール)と言われているものは、以下の4つのDの頭文字をとったものです。

・DEAD=死んでいる
・DISEASED=病気
・DYING=死にかけ
・DISABLED=障害・ケガ

 

 

安価なフードには、コストを抑えて大量に生産するために、4Dミートのような、すでに死んでしまった動物のお肉や、病気にかかった動物のお肉が含まれています。

 

 

病気にかかってしまった動物のお肉まで使われているのは怖いですよね。

 

 

病気にかかった動物のお肉の病原菌は、熱を加えても死滅しない場合があります。

 

 

このようなフードを与えてしまうことで、病気に感染してしまう可能性も否定はできません。

 

 

原材料に、以下のような何のお肉か分からないような、曖昧な書き方がされている場合は、注意が必要です。

『○○ミール』『○○ミート』『○○パウダー』『○○エキス』『○○副産物』『肉類他』『肉類』『家禽ミール』『ミートミール』

 

 

私は、4Dミートのような原材料の真実を知ってから、このような原材料が含まれたフードは絶対に与えないようにしています。

 

 

与えないようにしているというか、与える勇気もありません。

 

 

ワンちゃんの健康のためにも、原材料をよく見て、フードを選んであげることが大切だと思います。

 

 

3.無添加フードカナガンの魅力。

カナガンフードは、危険な添加物は使用されておらず、人間が食べられるような原材料を使用した安全なフードです。

 

 

穀物も不使用で、穀物アレルギーになってしまう危険性もありません。

 

 

着色料や甘味料を使用していないのに、うちのティムちゃんはいつもとても食いつきがよく食べ終わった後も、満足げな顔をしてくれます。

 

 

それを見て私は、本当に厳選されたこだわりの原材料を使用してあるんだと実感しました。

 

 

食は生きていくことの基本です。

 

 

食べることで栄養を取り入れて、身体を作っていきます。

 

 

その食が、添加物たくさんで、病気で死んだお肉を使っているようなものだったら、とても健康に生きていけるとは言えないような気がします。

 

 

大切な愛犬には、少々高くてもいいフードをあげたいものです。

 

 

カナガンの値段はちょっとお高めですが、成犬3kgの1日のコストで考えればたったの113円です。

 

 

1日113円で愛犬の健康を維持することができれば、とても安いと思います。

 

 

 

 

詳しいカナガンの成分はこちらのページににも書いています。

 

 

4.カナガンを最安値で買う方法。

カナガンを販売しているのは公式サイト、Amazon、楽天とありますが公式サイトが一番安くご購入できます。

 

 

公式サイトなら、定期購入で最大20%OFFなどのお得な購入方法がございます。

 

 

もちろん単品購入も可能です。

 

 

単品購入の場合は購入の合計金額によって最大10%OFFなどのお得な特典がございます。

 

 

公式サイトなら正規ルートでお家まで届くので、安心してワンちゃんに食べさせてあげることができて、定期購入やおまとめ買いをするといろんな特典がついてくるので公式サイトで購入するのが一番です。

 

 

 

 

詳しくはこちらの最安値の解説ページにも書いています。

おすすめの記事